A.協会理事の尾形さくらです(^^

いつもお読みいただきありがとうございます!

本日もよろしくお願いいたします♪

さて、前回の続きです。

 

仕事のミスが続いて落ち込んでいるAくん

「はぁ、俺ってダメですよね・・・

ミスばっかりでみんなに迷惑かけてるし

この仕事向いてないかもしれないです((+_+))

 

Q.あなたはなんと声をかけますか??

 

と、いうお題について考えていただきました。

 

ポイントは、

■一旦、Aくんの気持ちを汲み、共感の言葉を投げかけること

■共感のあと、自分の考えを「I メッセージ」で伝えること

と、お伝えしました。

 

「共感」とはなんでしょうか。

 

共感の言葉=相手を受け入れる言葉 です。

相手に同意・同感しなくても、共感は出来ます(^^♪

価値観が違っても共感は出来るのです。

 

相手の気持ちに焦点を当てて、
相手から「そうそう!そうなんです」を引き出します。

◎「ため息もつきたくなるよね」

◎「俺ダメなやつって思う時もあるよね」

◎「ミスしたときって、
みんなに迷惑かけて申し訳ないって思うよね」

 

この共感の言葉が、一旦相手を受け入れる言葉なのです。

 

■おもちゃが欲しい、とだだをこねる子どもには

「おもちゃがあったら楽しいもんね。欲しくなるよね」

「今は荷物が多いから、今日は困るなぁ。
今日はこのまま帰りたいとママは思う(Iメッセージ)
〇〇くんはどう思う?

 

 

■仕事がきつくて会社を辞めたい、という社員の方には

「そうか、会社辞めたいと思うんだね。
仕事がきついって思うこともあるよね」

「〇〇くん才能あるし、頑張ってるよ。
私は辞めてほしくないと思ってる(Iメッセージ)
具体的に仕事の何がきついと思う?

 


「おもちゃなんて買わないよ!」

「辞めたいとか簡単に言うなよ!」

と、すぐに自分の意見を相手に伝えてしまうのと
一旦共感をはさむのと・・・

どちらのアプローチが


「相手が心を開いて、良い方向に進む可能性が高い」

思いますか?

いいなぁ、と思う部分だけ
使ってみてくださいね♪

 

一生使えるスキル!「共感」の訓練をして、身に着ける!
カウンセラー養成講座↓
http://h-polish.com/curriculum/counselor/

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

自分を認めるから、自分で決めた目標到達をやり抜ける!

あなたを応援しています!