A.協会理事の尾形さくらです(^^

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

本日のテーマは「自ら動ける人、言われて動く人の違い」です。


もしかしたら、皆様の身近にもいらっしゃるかもしれません。

「自分の思ったことを発言し、すぐに行動に移せる方」

反対に、

「自分から発言せず、行動に移すまでにかなりの時間がかかる方」

 

その違いは一体なんなのでしょうか?

成育歴、環境に大きな関係があります、ということで
前回は2つのタイプをお伝えしました。

 

自己承認力が低い残りの3タイプをご紹介します。
5つのうち、いくつかのミックスタイプの方が多いです。

 

■厳格型(中高年層に多い)

親や周りの大人から褒められることなく生きてきた
叱責を受けたり、怒鳴られて成長してきた
人にも
自分に厳しいタイプ

 

⇒日常の頑張りは当たり前
 優秀な結果を出したら褒められる、と考える

⇒頑張っても結果がでない人を「デキない、やる気ない」と考える

⇒上司は俺より頑張って当たり前

「それは私の仕事ではない」と区切りをつける

⇒言われたことは全力でやる

⇒退職するときは上司を批判して辞める

 

 

 

■謙遜グセ型

消極的、謙遜して損をする親を見てきた
大人に迷惑をかけないように一歩身を引く良い子タイプ

 

⇒余計なことをして周りの人に迷惑をかけてはいけない

⇒やりたいことも自分は後回し、人に譲る

考えを持っていても、自分から手を挙げない

⇒「なんでやらなかった?言わなかった?」と上司に詰められる

⇒退職するときは本音を言わずに辞める

 

 

■大挫折未経験型

褒められて育ち、自分の思うように生きてきたタイプ

 

⇒与えられた仕事をしているのに認めてもらえない

⇒認めてもらえないのに仕事はどんどん増えていく

⇒ミスをしたときに叱責され、落ち込む

自分から動くことに「やりがい」を見出せない

⇒「もっと他にやりがいがあることがしたい」と退職する



「成育歴によって自己承認力が低い」

5つのタイプの方が「自分から動かない理由」をご紹介いたしました。

 

【部下を育成して結果を出す】という

目標到達に向けての育成法は協会の講座でお伝えいたしますね。

http://h-polish.com/curriculum/

 

 

自己承認力とは

「自分を認め、信じて、目標到達をやり抜けるチカラ」です。

 

自己承認力を高めるために、3つの力をトレーニングします。

自己承認力を高めることが必要だ!と、思われた方は
入門講座・イベント講座などお気軽にお越しくださいね。

 

仙台で入門講座!↓
http://h-polish.com/news/news-20171125/

銀座でお片付け講座(あと3席!)↓
http://h-polish.com/event-kouza/okataduke20180224/

越谷で男性限定!婚活セミナー (あと3席!)↓
http://h-polish.com/event-kouza/konkatsu/

 

 

自己承認力を毎日トレーニング!!

 

無料メルマガご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

 

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、迷惑設定になっているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

登録はこちら

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

あなたを応援しています!