A.協会理事の尾形さくらです(^^

いつもお読みいただきありがとうございます!!


本日のテーマは

「批判・否定されたときの落ち込みからの復活するには?」です。

突然ですが、皆様に過去のご経験をお尋ねします。

 

人から言われた言葉で
あなたが最も傷ついた言葉はなんですか?


と、きかれたら

なんとお答えになりますか?

 

すぐに思い浮かぶ方もいらっしゃると思いますし
少し時間がかかるかたや
全く思い浮かばない、という方もいらっしゃるかもしれません。

 

過去に人に言われた言葉で傷ついた経験が
ご自身のコンプレックスに繋がることもありますよね。

 

笑顔をからかわれたから、笑わなくなった
声が変だと言われたので、話さなくなった
顔が丸いと言われたので、マスクをするようになった


という方も身近にいらっしゃいます。


しかし、人から褒められた経験も

それ以上にきっとあると思うのです。


多くの方は、人から言われた

「マイナスの言葉・情報を記憶に残しやすい」です。


例えば、
レストランのオーナーだとして
美味しいと言って通ってくださるお客様が

たくさんいるけれども、
一組のお客様が「こんなまずい料理食べられるか!」と帰ってしまったら
誰よりもものすごく印象に残りますよね。

 

美味しいと言ってくださるお客様が何人いても
否定・批判されると一気に落ち込み、
記憶に残り「味を変えた方がいいのか?」とすら
考えてしまう。


もちろん、冷静に貴重なご意見として

味の調整をしていくきっかけにすることも大事だと思います。

 

しかし、美味しいと通う方もいらっしゃる事実もあります。

 

もし、人からの批判・否定に傷つき
長い間気にして落ち込んでしまうときには

人から褒められた経験を
たくさん思い出すことが復活への近道

としておすすめです。

褒められた経験もたくさんあるけれども
人によって感じ方が異なる。

「あの人はそう思うんだな」
「あの人の価値観に合わなかったんだな」
「あの人にも伝わる方法あるかなぁ」

 

何を言われても「色んな価値観の方がいていいんだ」と
冷静に切り替えられたらいいですよね。

 


その切り替えの武器として有効なのが


■褒められた言葉を記録する


ということです。

 

褒め言葉は、よほど印象的でない限りは
忘れ去られてしまいます。

 

「褒められたことがないんです」
と仰る方が多いのは、
実は忘れてしまっている、という理由もあると思うのです。

 

一つのマイナスに引きずられて、
たくさんのプラスのことを

忘れてしまうのはもったいないですよね。


スマホのメモ機能や、日記などに


ご自身が褒められたら記録に残すことをおすすめします。

褒め言葉にアンテナを張り、記録していくと
気が付くとものすごい数の褒め言葉が集まっているはずです。


そして、自分に、周りの方に褒め言葉を投げかけるときの

言葉の引き出しに入れていただけるといいな、と思います。

 

自分を労い、認め、褒めて
自分で自分のやる気を持続させて行けたらいいですよね!

いいな、と思われた方はお試しになってみてくださいね。


無料メルマガご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

あなたを応援しています!