A.協会理事の尾形さくらです(^^

いつもお読みいただきありがとうございます!!


本日のテーマは

「自分自身を大きく成長させるヒントとは?」です


協会の認定講師養成講座、
そして認定カウンセラー養成講座を

不定期で開催しております。

2日間の講座の中で、必要な知識と

「すぐに動き出したい!」と思っていただける内容になるよう
毎回手法を変え、私も学びをいただいています。


講座でもお伝えした内容ですが

私自身も陥りやすくなることがあるので
あらためてお伝えします。

それは、

「比べるのはいつも過去の自分自身」

ということです。

よく言われることですよね。

しかしながら、頭で理解していても
やはり周りの方と比べてしまう。


友人と、同年代と、職場の同期と、同業者と

気が付いたら比べてしまっていることがあると思うのです。


他者と比べて、自分は劣っている!と思って

不安や焦りやイライラが襲ってきたら

「過去に比べて自分自身が
成長したこと、生まれた良い変化」


にご注目いただきたいな、と思います。

この職種でいえば、
講師の資格、カウンセラーの資格をお持ちの方は

ジャンルを問わずに言えば、山ほどいます。

 

知識量、話すスキル、振る舞い、マナー、
容姿、華やかさ、求心力、指導力など

他者と比べて、上を見始めたら、きりがないと思うのです。

 

もちろん、お伝えする立場になったら
圧倒的な専門的知識は必要です。


それ以上に大事だな、と思うのは

「自分自身の経験を活かして、どれだけ伝えられるか」
ということです。

企業で勤務していてもそうなのですが、
その方のご経験はその方しかしていないですよね。

成功体験も、失敗体験も
唯一無二だと思うのです。


マニュアルを手渡すのではなく、

指導する側が
「オリジナルの魅力・経験」を
交えて知識や技術を
伝えられる方が相手に響きます。

私は自己承認力を経験を交えて
お伝えすることに関して
「オリジナル・唯一無二」
だと思っています。

当協会の講師・カウンセラーの方も同様です。
それぞれの経験をお話しするので
唯一無二の講座が開けます。

同じ環境で、同じ業務内容を行っていたとしても
その方が職場にいる空気感は他の方には代われないですよね。


比べるのはいつも過去の自分自身

 

昨日よりも心が軽くなっている!
1ヶ月前よりも前に進んでレベルアップしている!
1年前よりも仕事を楽しめている!


「自分すごい!えらい!」

と自分に注目をしながら
過ごしていけるといいですよね♪

いいな、と思われた方はお試しになってみてくださいね♪

無料メルマガご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

あなたを応援しています!