A.協会理事の尾形さくらです(^^

いつもお読みいただきありがとうございます!!


本日のテーマは

「自分でいつも【検索ワード】に
している言葉は何ですか?」です

 

「人は見たいものを見ていて
聞きたいものを聞いている」

 

ということをご存知の方もいらっしゃると思います。

 

日々過ごしていく中で
様々な情報の中から
自分に必要な情報をピックアップしている

という考え方です。

 

自分が意識している事柄があると
その情報を無意識に集めている経験を
したことがある方も多いのではないでしょうか。

 

占いで、今日のラッキーカラーは「赤」と
知ると赤いものがたくさん目に入ったり・・・

妊娠すると街を歩いていて「こんなに妊婦さんが多いんだ」と
気が付いたり・・・

 

こういった現象を

 

カラーバス効果
ラティキュラーアクティベーションシステム(RAS)

 

などと呼ぶことがあります。
「なりたい自分」がいたとしても
「どうせ自分は出来ないだろう」という思い込みがあるとしたら

 

出来ない理由がどんどん目に入り、耳に入ってきます。

 

長い間、負のサイクルから抜け出せない
頭でわかっていても出来ない、というのは
これが原因なのかもしれません。

 

自分自身が意識をしていなくても
無意識にやってしまうことなので怖いのですよね。

 

幼いころから、
「可愛いね!みんなに好かれる人気者ね!」と

育てられてきたら

「私は、みんなに好かれている!」
と自分に自信を持てるようになります。

 

例え
「お前のことが嫌い」
と周りの人に言われたとしても

「あなたはそう思うんですね、私とは合わない人なんだ」

と思うこともできます。

 

この「自分をどう思っているか?」という

 

セルフイメージが

 

仕事においてもプライベートにおいても
とても重要なことだと思うのです。

 

自分で自分のことを否定する言葉が
「検索ワード」となり、
どんどん自分を否定する理由を集めだします。

 

自己承認力のワークでも
お伝えしているのですが
「なぜ出来ないんだろう?」
というダメな理由や原因を探す質問ではなく

 

「どうしたらうまくいくだろう?」という


未来を良くするための質問をする方が

問題解決が早いのです。

 

■なぜ俺ばかり忙しいんだ
■どうせあいつとはうまくやれないんだ
■私には何の価値もない
■どうせ私は出来ないから

 

と、考えてしまったときには

 

「変換!」です


■どうしたら少しでも自由な時間を作れるか?

■どうしたら少しでもあいつとうまくやっていけるか?
■私ってすごいのではないか?
■実は私、出来るのではないか?

 

感情、思考は
「記録をしないと忘れる」ものです。

 

「俺はすごいんじゃないか?」
「少しでもマシにするには?」

という

欲しい情報の質問を投げかけることを
習慣に出来るといいですよね。 

 


自分にどんな言葉をかけていますか?

 

自己承認力が低い・・・と思われている方は
振り返ってみてください♪

 

いいな、と思われた方はお試しになってみてくださいね♪

無料メルマガご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

あなたを応援しています!