A.協会理事の尾形さくらです(^^

いつもお読みいただきありがとうございます!!



本日のテーマは
「どう反応するかは自分で選べる!
謝る?謝らない?怒る?怒らない?」です。

 

相手と険悪な雰囲気になった
ケンカをしてしまった
一方的に責められて腹が立った

など、人間関係がこじれて
嫌な気持ちになったご経験を
ほとんどの方がお持ちだと思います。

 

今後付き合わなくていい相手であれば
関係修復しなくてもいいかもしれませんが

注目すべきは
「自分の気持ち」です。

 

このままモヤモヤした
気持ちを抱えたままでいいのか?

 

他者へ嫌な感情を抱くことに
自分の大事な人生の時間を使っている

ということですよね。

 

もったいない

と思うのです。

 

 

限られた時間ですから
「嬉しい!楽しい!素晴らしい!」と
感じることに時間を使っていける方がいいのでは?
と私は考えています。

 

「自分は丁寧な対応をした」
「自分から謝罪し、大人の対応が出来た」
「気まずい状況でも、自分から挨拶した」

「自分の気持ちがすっきりする対応を選ぶ」

ことの方が
モヤモヤを抱えて数日過ごすよりも
短い時間で次へ切り替えができる場合があります。

 

 

相手がどう反応するかは、相手次第です。

 

人としての器の大きさで反応は変わります。

「今、自分が出来る限りのことはやった」

と、


自分自身に対してGOOD!を出せる

ことが一番大事なのではないでしょうか。

 

 

は目の前に嫌な相手
失礼な相手が現れたときに

いかに感情的にならずに、距離を置いて

「一層感じの良い、丁寧な対応が出来るか」

ということを気を付けるようにしています。

 

 

失礼な人に対してイラっとして
失礼に返すのは簡単です。

 

 

かし、
その後の自分の気分が悪いのです。

 

笑顔で感じよく、丁寧に返せる人の方が
私はかっこいいと思いますし
「よくやった!」と自分の気分も良くなります。

こんなエピソードがあります。

 

 

ある飲食店で、酔っぱらいのオジサンが
そのお店の店長に絡んでいました。
大声で散々暴言を吐き、
「会計なんて払わない」と騒いでいました。

客観的に見て料理も普通に出し、
お会計も通常通りの請求。お店側に非はありません。
【明らかに酔っ払いクレーマー】です。

ハラハラしながら
「店長大変!どうするんだろう?」
と思い、見ていたら

その店長は終始、
オジサンの怒鳴り声・暴言にも冷静に
丁寧に対応していました。

数分後、静かに警察が来て
あっという間に
そのオジサンは連れていかれました・・・。

その後、店長は
他の席のお客様の席をまわり
「騒がしくて申し訳ございませんでした」
と謝罪してまわっていました。

その対応がとてもかっこよかったです。

 

 

もしも、店長が酔っ払いの暴言にイライラして

「会計なんていらない!
文句言うなら帰ってくれよ!」

と、怒鳴り返していたら
お店の空気が一気に悪くなり
私たちはその後、
楽しく食事が出来なかったかもしれません。

 

 

例え、自分が悪くない状況だとしても

感情に振り回されず
自分自身が気分よく過ごせるために

丁寧に対応する
自分から謝罪する

という選択も出来るといいのかもしれません。

 

 

許すことは、緩めること
※第228回メルマガより
http://h-polish.com/2018/08/26/20180826/

 

そのための土台となる
「心の安定や余裕」は不可欠ですね。

 

嫌な感情に振り回される時間が
少しでも減っていきますように!

 

いいな、と思われた方はお試しになってみてくださいね♪

 

 


無料メルマガ
ご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

あなたを応援しています!