A.協会理事の尾形さくらです(^^

いつもお読みいただきありがとうございます!!


本日のテーマは
「マイナスの感情を抱いたまま
悩み続けても解決策は生まれない?」
です。

 

不安・焦り・イライラ・嫉妬・モヤモヤ・・・
マイナスの感情が襲ってくることがあります。


悩みの多くは感情がもたらします。

 

夜眠れなくなるほど
悩んだご経験がある方もいらっしゃると思います。

 

一晩中考えて・・・
解決策は生まれるならいいのですが・・・

 

悩みは答えが出ないから、悩みなんだ

 

という言葉を以前もお伝えしました。

 

悩んでいるときは、頭の中で

「どうしよう、どうしよう・・・」

と、

 

思考を使っているようで実は

「感情に引っ張られている状態」なので

解決策が浮かばない場合が多いです。

 

■暗算をしているときに、感情は感じにくい

■心がウキウキしすぎると、仕事が手につかない

■泣いているときに、質問責めされても頭が働かない

 

というように

 

思考と感情は両立しない

 

ことに注目してみるといいかもしれません。

 

マイナスの感情が襲ってくるときには

まずは自分の感情に気が付く

そして

思考を使うトレーニングをしていく


ということを繰り返し行っていきます。

 

自己承認力を高めるためにお伝えしているのは


自分の感情を観察し

その感情を労う

という方法です。

 

労う、というのは

「誰かに言ってほしい言葉を自分で自分に言うこと」

と、当協会では定義しております。

 

不安なときには
「不安だよね、そりゃ不安になって当然だよ」

と、自分で自分に声をかけます。

 

本来ならば、他者に言ってほしい言葉ですが
言ってほしいときに

自分に言ってくれる人がいないからです。


自分のことを労い、客観的な目線を作ったら

 

「今の状況を少しでも
マシにするにはどうしたらいいか?」

と、解決策を考えて行きます。

 

一旦、
不安な感情を労い、切り離すことがポイントです。

 

感情に引っ張られたまま
解決策は浮かびにくいのに

 

ずっと「どうしよう、どうしよう・・・」と
悩んでいたら辛いですよね。

 

思考に切り替えたあとは、個人に合った
思考の整理術をお選びください♪

・紙に問題点を書き出す
・やる、やらない場合のメリット、デメリットを書き出す
・具体的に今出来ることを書き出す
・マインドマップを書く
・人に話す(話すことでも思考が整理されます)

などなど、試していただくと
感情に引っ張られない状態だと
すんなり解決策が出てくることが多いです。

 

マイナスの感情を感じる時間を
少しでも短く、状況を良く出来たらいいですよね。


活かすのは、自分自身のチカラ!


いいな、と思われた方はお試しになってみてくださいね♪

 

 


無料メルマガ
ご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

あなたを応援しています!