A.協会理事の尾形さくらです(^^

いつもお読みいただきありがとうございます!!

 

本日のテーマは
「ときめいていますか?」です。

 

すごいテーマですね。
たまにはいいですよね(笑)

 

以前、日本でも海外でも流行した
断捨離の方法で
物を持った時に

 

「ときめく」か「ときめかない」

 

で物をとっておくか、
家から出す(売る・譲る・捨てる)か
という判別方法がありました。

 

 

この方法を知った当時・・・

正直、何を言っているのか

全くわかりませんでした。

調べました!!

 

 

ときめく
・・・喜びや期待でどきどきすること。心躍ること。

 

実は、この「ときめき」
大きな気づきとなりました。

 

学んでいた心理学の知識と
合致したからです。

 

 

自立心が強い
人に甘えない
論理的
社会で戦っている
鎧を着ている
傷ついた経験が多い
プライドが高い
見栄を張る

 

 

このような特徴を持つ方は

心が閉じている状態

になりやすいのだそうです。

 

 

まさに私!でした。

 

 

心が閉じた状態だから

「ときめき」を感じにくい
感動をしにくい

ということだったのです。

 

 

傷つかない代わりに
喜びも楽しみも満足感も薄い

ポジティブに考えるよりも
傷つかずリスク回避できる

ネガティブな思考

自分で優先させていたのです。

 

 

ますます、楽しいことは感じにくい
ますます、毎日が楽しくない
ますます、嫌な事ばかり目につく
ますます、自分のことを責める

 

 

幸せは人の価値観が決める

と言われているのに

幸せを感じにくくなっていたのです。

 

 

ちなみに、心を開いていない
鎧を着ている方は
肩や背中がこりやすくなるらしいです。

 

 

肩こってるね、とよく言われます・・・

解決のカギは

「オープンハート」(心を開くこと)

 

 

子どものころに開いていた心が
大人になると閉じるのは自然なこと。

 

自分から心をひらくことが
次のステージの問題をクリアするカギです。

 

自己承認力のワークでも
取り入れている内容ですが
心を開くヒントはこちらです。

■感情に注目し、表現する

■素直=自己開示

■感謝する、謝る

■変化を受け入れる

■他者からの攻撃に無防備でいる

(戦わず受け入れる)

■感情表現を大げさにする
(嬉しい!楽しい!美味しい!)

■芸術や動物に触れ、感情を感じる

■傷ついた自分をねぎらう

 

 

傷ついたときには自分で癒せばいい。
楽しいことも嬉しいことも増えるはず!

 

大声で笑っていますか
ドラマを観て思い切り泣いていますか
友人の話に一緒に腹を立てていますか
楽しかった!と言えていますか

 

いいな、と思われた方はお試しになってみてくださいね♪

 


無料メルマガ
ご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

あなたを応援しています!