A.協会理事の尾形さくらです(^^

いつもお読みいただきありがとうございます!!

 


本日のテーマは
「自分のことは自分が一番わかっていない?」です。
 
 

 

自分のことは自分が一番わかる

 

と、よく言いますが

実は違うのかもしれない
と感じることがありました。

 
 
先日、初めて学びに行った
パーソナルカラーの講座。
 
肌、髪、目、顔立ちなどの特徴で
似合う色が違うということを教わりました。
 
 
合わない色だと
顔色が悪く見えたり
肌がくすんで見えたりするそうです。
 
色味が異なる布を
次々と顔の近くでめくっていき
そのときの顔の見え具合の違いを
見て行くのですが
 

 
私はわかりやすいタイプらしく
たまたま見本に選ばれました。
講師の先生が
私の顔の近くで

布をめくるたびに周りの方が

 

「あー!」
「なるほどー!」
「この色はちょっと」
「これ似合う!」

とリアクションしていく中・・・
鏡でチェックしても
自分はでさっぱりわかりません。

周りの方はわかるのに
自分が自分のことをわからない
 
という状況でした。
 
 
他の方も同様に
他者のことはわかっても
自分のことを把握するのは

難しいようでした。

 

 
色に対しての好き嫌い、
思い込みがあるからかもしれません。
 
 
自分を把握するには
客観的な目線をつくることが
大事だな、とあらためて感じたのでした。
 
 
 
このようなことは
日常でもよく起こるもの、と私は考えています。
 
 
 
自分だけが一人で頑張っているつもりが
実は、周りの方々がサポートしてくださっていた
 
自分はコミュニケーションをとって
いじっているつもりが
相手は傷ついていて「いじめ」と受け止めていた
 
励ましているつもりが
相手のプレッシャーになっていた
 
 
などなど

 

自分自身の思い込み、勘違い、自己満足

ということがあると思うのです。
 

自分が他者からどう見えているか
 
を確認していきたいものです。
 
 
他者から見た自分を
確認するために有効なのは、
「動画を撮ること」です。
 

 

当協会の講師にも強くおすすめをしている方法です。

 
 
はじめは慣れないかもしれないですが、
自分の表情の癖や真顔、
ふとした瞬間の対応などを振り返ることができます
 
 
 
相手が誤解している

相手の受け取り方が悪い

 

 
そうお感じになることがあったら
自分を確認する、という方法を
試してみることもひとつかもしれません♪
 

 

いいな、と思われた方はお試しになってみてくださいね♪

 

 


無料メルマガ
ご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

あなたを応援しています!