A.協会理事の尾形さくらです(^^

いつもお読みいただきありがとうございます!!

 

本日のテーマは
「相手に気持ちが通じる
表現を選んでいますか?」
です。

 

最近、コミュニケーションや
人間関係構築についての
数件のお悩み相談を受け
感じたことを書いて参ります。

 

得意な方法がそれぞれ
おありだとは思うのですが
相手とのコミュニケーション法で
重要なポイントは

 

 

「手段」です。

 

 

直接顔を見て話す
電話で声を話す
手紙を送る
メールを送る
LINEを送る
文書(紙・データ)にして渡す、送る

 

 

相手に気持ちが伝わりやすい順番

として私が意識をしていることです。

 

 

クレーム応対と同じです。

 

本当に相手に気持ちを伝えたい
届けたい
わかってほしい

と思うのであれば

直接顔を見ながら伝えるのが一番ですよね。

 

言葉が下手でも真剣に伝えれば
しぐさや態度で心が伝わります。

 

特に、何かを伝えたいときに

「見た目」
次に表現しやすいのが
「声」です。

 

直接お会いできないときには

電話がいいですね。

 

それから、手書きのお手紙。

 

そして
記号・顔文字・絵文字・スタンプの
使い方によっては気持ちが伝えやすい
メール、LINE

 

文書の順番かな、と私は考えます。

※もちろん、関係性・緊急度合いなど
状況によって異なります

 

 

例えば
部下の指導や協力してほしいことがあるとき

直接でも電話でもなく
メールやLINEを選んでいたり・・・

 

お知らせとして
ただ掲示板に貼り付けるだけだったり・・・

 

 

表現によっては
「伝わらない手段」を選んでいる
可能性があります。

 

特に文面は本当に難しいです。

「ご協力お願いいたします」
「ご協力お願いします」
「ご協力お願いできますか」
「ご協力お願いしたいです」
「ご協力いただけましたら幸いです」

という表現を選ぶか

 

「〇〇さん、ぜひ!ご協力をお願いします!」

という表現を選ぶか。

 

相手に気持ちが伝わる最善の方法
選んでいけるといいですよね。

 

 

忘れてはいけないのが、

文面の場合は

必ず相手の気持ちになって
読み返してから送ること!

も意識しておきたいものです。

 

いいな、と思われた方はお試しになってみてくださいね♪


無料メルマガ
ご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

あなたを応援しています!