協会理事の尾形さくらです(^^

いつもお読みいただきありがとうございます!!


本日のテーマは
「自分の才能を摘む発信をしていませんか?」です。

自分で才能の芽を摘んでいる

ことは意外に多いのかもしれません。


確かに

他者から評価されなかったり
手ごたえを感じないものも

「自分には才能がないかも?」と
思うきっかけにもなりますが

他者から評価されていても
他者が喜んでいても

自分が認めなければ
「才能の芽は摘まれてしまう」

のですよね。

 

逆にいえば
「私、才能があるのではないか?」
と、思えたら

あっという間に才能が開花する

こともあります。

 

価値観は人それぞれですから
他者は何を思ってもいい

一番は

自分がどう思っているか

ではないか、と思うのです。

 

自己評価が低い、自信がないことを
たとえ思っていても

言葉に出す事には
何のメリットもありません。

言葉にすることで
ますます自己評価が下がり

評価してくださる人を
否定することになり

魅力がなくなっていくのです。

 

いくら凄腕のお医者さんでも

「いえいえ、本当に自分に自信が無くて・・・」

と言ってしまう方に
手術はお願いしたくない。

「俺は全然仕事の才能ないから・・・」

と言ってしまう
ビジネスマンとは仕事をしたくない。

「私たち、歌へたですし可愛くないです・・・」

というアイドルの
応援はしにくいし、CDも買いたくならない。

 

いくら才能があったとしても
自己評価が他者評価にも
繋がってしまう
からもったいないですよね。

私は学生時代から
お笑い芸人さんが好きなのですが・・・

養成所やオーディションでは
先生や審査員に
全否定されることも珍しくないといいます。

 

ネタの途中で

「全然面白くない」
「才能ないから辞めた方がいい」
「帰れ」

なんて言葉をかけられることも
よくあるそうです。

 

それでも

「自分たちは絶対面白い」
と信じて

練習を続けて続けて
ファンをこつこつ増やしながら
人気者になる方が多いですね。

 

自分が自分のことをどう思い
どう発信するか

によって

 

才能の芽を摘むか
才能が開くか

が決まるのではないかと
最近思っています。

 

せっかく新たな道が開くのに
自分でストップをかけていたら
もったいない!ですよね。

いいな、と思われた方は
「自己評価」をお考えになってみてくださいね♪

 

無料メルマガご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

あなたを応援しています!