協会理事の尾形さくらです(^^

いつもお読みいただきありがとうございます!!

 

本日のテーマは
「自分の耳に入る情報を選ぶ!」です。

 

明るい話題
良いニュースは数字がとれない

と聞いたことがありますが
ワイドショーの大半は

ネガティブな話題ですよね。

 

例えば、
有名人の誰かが不倫したり、離婚したり
誰かともめている、というニュースは

大きく話題になる事もありますが
視聴者にとっては
何の関係もない話です。

 

それを大罪をおかしたように
「ダメですよね!」
「いけないことですよね!」
と、大きく刺激的に報道をします。

 

はじめは、
「へぇ」
くらいの関心だったのに
その報道の仕方に飲まれて

「あ、そうかも!そうだそうだ!」 と、
そのまま自分の意見のように思い始め

話題になっている有名人を
否定・批判をしたり

友人や会社の人と
「あれは良くないですね!」
と話題に出したりする。

 

否定・批判・文句・・・
ネガティブな意見を言って
スッキリすることが
習慣化してしまうと恐いですよね。

 

他者を批判する癖が出来てしまうと
日常でも、
人の嫌なところ
期待と異なるところを探して
文句を言いやすくなります。

 

何かにつけて
批判することを探して

「文句言い」になる

マスコミに振り回されるのは
その第一歩になるのではないか、と思うのです。

 

以前、大阪で喫茶店に行ったときに
隅で新聞を読んでいる
常連さんっぽいおじいさんがいました。

そのおじいさん、
新聞を読みながら
ずーーーーーーっと
一人で文句を言っているのです。

面白くなってきたので
耳を澄ませてしまいました(笑)

 

出てくる、出てくる
北朝鮮の話、アメリカの話、
首相の話、スポーツの話・・・全部文句です。

 

途中でおじいさんのお友達がきましたが
その方ともずーーーーっと
誰かの批判話をしていました。

「アイツはダメだ」
「こいつはダメだ」

 

きっと何年も、
何十年もそうやって
毎日を過ごしてきたのだろうなぁ、と思いました。

きっと、このおじいさんは
久々にお孫さんに会っても
嬉しい!という姿を一切見せず
「なかなか顔見せんでこいつは~」と
可愛くないおじいさんとして
文句を言うんだろうなぁ、と想像してしまいました。

 

ここまで行くとあっぱれですが
相手の嫌なところばかりを見ることが
習慣化してしまうのは、
デメリットが大きいと思うのです。

 

特に負のサイクルに入っている方
おすすめしないのは
マスコミに振り回されることです。

 

これまで何の不満もなく
夢中になって仕事をして
当たり前に残業もしてきたのに

 

ニュースでブラック企業特集を見て
影響を受け
「うちの会社良くないのでは?」と思ってしまう。

そこから他社と比べはじめ
ブラック企業の要素を探し出して、不満が出てくる。

それまでは何とも思わずに
仕事に打ち込んでいたのに

「この会社はダメだ!」
と、影響され仕事が嫌になってくる・・・。

 

自分はどう思うか?
という軸がブレて
振り回された状態です。

 

誰かの考えは誰かのもの

「自分は自分」

自分の考え方、
気分を決めるのは自分自身です。

 

自分の耳に入る情報を
意識して選べると良いですよね♪

 

無料メルマガご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

あなたを応援しています!