協会理事の尾形さくらです(^^

いつもお読みいただきありがとうございます!!


本日のテーマは
「普通は・一般的に・常識でってなに?」です。


人によって得意・不得意が異なるのに

出来ていないところに目を向けて


自分の良いところが

最大限に発揮できなくなるのは
非常にもったいないと思います。


普通はしていること

みんな経験したこと
誰にでも出来ること

周りの人と比べて・・・
常識的に考えると・・・

私自身も含め、これらを基準に
しすぎてはいないか?と思うのです。


普通の人ってなんでしょう。

平均的な仕事ってなんでしょう。
普通の人が出来ることってなんでしょう。


勉強が得意で、学ぶことが嫌いじゃなくて

勉強に夢中になれて 楽しく達成感を感じながら
良い大学に入ったり、資格を取れる人もいます。


運動が得意で、身体を動かすことが好きで

スポーツに夢中になれて 楽しく達成感を感じながら
ジムに通ったり、フルマラソンを走る人もいます。


絵を描くことも、文章を書くことも

外で働くことも、デスクワークも
人前で話すことも、技術職も


割とできる、得意だから、

今出来ているのですよね。


以前私は、アルバイトで1日だけ

印刷工場のお手伝いをしたことがあります。


自分でもびっくり、

1時間で限界が来ました・・・早い(笑)


立ち仕事は得意で最初は元気だったのに

インク?薬品?機械の動き?に酔ってしまい、
体調を崩してしまったのです。


情けないことに1日で終了してしまい

バイトの1人としての役割も果たせず、ご迷惑をおかけしました。

努力すれば出来る!頑張れば出来る!
ことも確かにあるのかもしれませんが


出来ないことがあるのは、

悪いことではない。


頑張るな、努力するなということではなく


嫌々で頑張るよりも

無理やり努力するよりも


これがいい!楽しい!

得意かも!


に力を注いだ方がずっといいな、と思うのです。

「難しい」と感じていたとしても
続けられている、ということは
今の自分に合っているということ。

 

私は接客をしていたときには
接客の仕事が合っていた。

お寿司を作っていたときには
お寿司を作る仕事が合っていた。


今の私には自己承認力を

お伝えすることが合っています。


難しいと感じることがあっても

挑戦できます。がんばれます。


普通は・・・ みんな・・・

常識的に・・・誰にでも・・・

というものはないのかもしれません。


自分の考え方の基準

気が付くことでコントロールできる!

また明日です!

  

無料メルマガご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

 

あなたを応援しています!