協会理事の尾形さくらです(^^

いつもお読みいただきありがとうございます!!


本日のテーマは
「後悔、自己批判、自己嫌悪を未来に繋げるには?」です。


どんな状況であっても

自分が決断してきたこと

自分が今していることがベスト

と思えることが
「未来を見る力」を育てていきます。


逆に言えば

過去と現在の自分を

・激しく後悔
・自己否定
・自己批判
・自己嫌悪

しているときは
過去ばかりをみている、ということ。


起こった出来事に

振り回されている状態です。


過去に振り回されていることが

原因で前に進めなくなることも多いと感じます。

 

身近なことで例えると
出かける前に空を見て
なんとなく雨が降りそうだなと思い・・・

「傘を持っていこうかな~」と
一瞬迷っていたけれど
「荷物になるからいいや」と判断して
傘を持たずに出かけた。

 


しかし、しばらくすると雨が降り出して

「あ~、傘を持ってくればよかった」と後悔をする。

あるあるですよね。

 


こんなときに、いつまでも

「なんで傘持って出なかったんだろう」
「あの時、降りそうだと思ってたのにな」
「傘持ってないときに限って雨が降る・・・」
と、不快な気持ちを引きずってしまう。

 

この思考をしやすい方は
傘を持って出かけていたとしても

雨が降らなかったときに
「なんで荷物になるのに持ってきたんだろう」
「傘持って出たときに限って晴れるなぁ・・・」
と、不快な気持ちになりやすい。


傘を持って行く、持って行かない

どちらにしても

そのときは
「自分のベスト」を選択しているはず
なのですよね。

 

未来に目を向けられると
同じことが起こっても
「あ、雨が降ってきちゃった!
今度から折りたたみ傘を持っていくのがベストだな!」 と

 

次につなげる対策を打ち
学びにすることが出来ます。

 

極端に言ってしまえば
良いことも悪いことも全てが
良い経験だった、と捉えられるのです。

 


この日常の小さな積み重ねが

「ありのままの自分にOK」を出し
「自分なら出来る!」と思え

 

自己承認力高く過ごせる
日常をつくっていくのですよね。

「後悔」ではなく
「学び・経験」としてとらえ、未来に繋げる。

 


私自身、過去にたくさんの後悔をしました。

それを思い出すたびに辛かったのは
「あのとき何か出来たのでは?」と
思っていたからです。

 

しかし、実際は
当時の私なりの理由があって
選択をしていた


今は、その経験を「学び」として

再び同じことがないように
(後悔がないように)
未来につなげていこうと思っています。


だからこそ

会いたい人に会い
付き合いにくい人とは距離を置き
嫌なことを優先させず
「自分がご機嫌になること」にチャレンジする


そんな毎日を送ることが出来ています。


後悔、自己嫌悪に陥りやすい方は


過去も現在も、自分は

「そのときのベストを選択・判断している」
お考えになってみるのもいいかもしれません。


過去は変えられませんが

未来は変えられます。

いいな、と思われた方はお試しになってみてくださいね♪

 

 

無料メルマガご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

 

あなたを応援しています!