協会理事の尾形さくらです(^^

いつもお読みいただきありがとうございます!!

 

本日のテーマは
「断ることが出来る軸づくり」です。

 

自己承認力を学び始めてから
自分の感情に注目が出来るようになり

 

自分で自分の行動を選びながら
過ごせるようになりました。

 

あなたはあなた
わたしはわたし

 

と お互いに認め合う
コミュニケーションが出来るようになると
対人関係もとても楽になります。

 

私が鍛えた自己承認力流のスキルの中でも
後々、学んでおいてよかったなぁと
実感しているのは

 

「断るスキル」です。

 

人を誘うことが苦手な方
いらっしゃるかもしれませんが

 

人から誘われたときに
断るのが苦手な方
いらっしゃると思うのです。

 

誘いを断る、ということが
心理的負担がなく出来るようになると

 

相手に誘いを断られたときに
腹が立ったり、不安になったり…
感情を振り回されることも減ってきます。

 

誘いを断る自分を認めると

誘いを断る相手のことも認められる。

 

まずは自分、なのですよね。

 

こんなお話をご紹介している私にも
実は断りにくい用事があります。
主催者の方が
熱心なお誘いをしてくださるので…

 

3回断ったから
4回目は行こうかな、という

 

バランスを考えつつ
お返事をしています(笑)

 

先日、付き合いで行くことを決めた
集会の前後に

なんとストレスで
顔に吹き出物が出来ました!!

わかりやすい自分に笑えました!

用事が終わったあとには
思いきり自分を褒めました!(笑)

 

もちろん

楽しそう!絶対楽しい!

感じるものは即決!

で、積極的に顔を出しますが
「どうしようかぁ」と
迷うときがありますよね。

 

 

例えば・・・
何かの集まりに足を運ぶ際や
どなたかを紹介していただくときに

 

体調が悪い
楽しくなさそう
嫌な人がいる
主催者に信頼感がない
怪しい空気

 

などに加えて

 

予想する限り
経験を積む・知識を得るなどの
メリットが一切ない場合には

 

結果的に
「やっぱり行かなきゃよかった」
となることが多いです。

 

不思議なもので
自分の経験値からくる
「あー、楽しくなさそうだな」
という勘は当たるのですよね(笑)

 

似ているようで
少し異なるのが

緊張する
気後れする
場違いな気がする
ハードルが高くてこわい
初めての体験
どうなるか不安

 

「だから行きたくないなぁ」という
気持ちがあるときには

 

結果的に
「勇気を出して行ってみてよかった」
となることが多いのです。

 

20代のときに
40代経営者の方々と共に
セミナーを受講したときには

気後れして居心地は悪かったですが
「勇気を出して行ってよかった」と
毎回思いました。

 

普段、出会わないような方に
可愛がっていただいたり
同世代とのセミナー受講よりも
学びや気づきが多かったように思います。

 

何にでもYESマンにならず

 

自分の感情と想像力と勘を
基準にして

「断るチカラ」も育てていく!

 

自己承認力流のスキルを学びたい方は
ご相談・講座など
学びにいらしてくださいませ☆

 

本日も良い一日をお過ごしになってくださいね♪

 


 

無料メルマガご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

 

あなたを応援しています!