協会理事の尾形さくらです(^^

いつもお読みいただきありがとうございます!!

 

 
本日のテーマは
「その思い込みが自分を傷つける」です。

 

多くの方とお会いして
お話を伺っていく中で

 

他者の否定、批判をする人は
悩みやすくなる

 

という傾向があるなぁ、と感じています。

 

 

常に自分の心のベクトルが
外を向いているので

その分、
他者の目や言葉が
とても気になるのですよね。

 

 

自分が他者に対して
否定・批判をしている日常があると

あの人も陰で私を
否定・批判いるんじゃないか?

という
思い込みをしやすいのです。

 

 

こんなエピソードがあります。

 

私の歴代の上司は
既婚者の男性ばかりです。

 

当時、メンタルが弱く
本当に悩みやすかった私を
皆さん可愛がってくださいました。
今も尊敬していますし、大好きな方々です。

 

男性上司・同僚と
二人で飲みに行くことは
山ほどありました。

 

飲みニケーションですね(笑)

 

心理的にもよく
上司に親を投影しやすいと言いますし

私の中では上司は父親
という感覚だったのですが

一部の方から
疑われたのが不倫です(笑)

 

「噂になってるんだけど・・・
二人は付き合ってるの?」

 

と、パートさんに
真面目な顔で言われたときは
吹き出すほど笑ってしまいました。

 

私は、元々男性の友人が割と多いですし
二人で飲み・遊びに行くことも普通です。

 

そして
社内恋愛はしない

 

という
当たり前を持っていたので

上司に恋愛感情を抱くという

発想自体がありませんでした。

 

優先順位がまず仕事!
仕事に支障をきたす
社内恋愛は自分にとっては
マイナス要素でしかないと思っていました。
考え方が極端、偏っていますね(笑)

 

その分
私も他者を疑わないのです。

 

自分がしないのだから
他者もするわけがない

 

と、自然に思っていました。

 

同じようなことで

自分自身が否定や批判ばかり
口にしていたときには

他者のひそひそ話が
とても気になりましたが

意識して否定・批判を
口にしないようにして
プラスの言葉を発するように
気を付け始めた

他者のひそひそ話が気にならなくなりました。

 

不思議なもので
常に自分の心のベクトルを
自分に向け続けていると

 

人は人
わたしはわたし

 

と思えるようになってきます。

 

 

誰かに認めてほしい、と思うのであれば

 

まずは
自分が自分を認める

 

そして
自分が他者を認める

 

これが近道だと私は実感しています。

 

 

他者は自分の鏡

 

 

いま、周りの世界は
どんな風に見えていらっしゃいますか。

 

本日も良い一日をお過ごしになってくださいね♪

 

 

 

 

無料メルマガご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

 

あなたを応援しています!