協会理事の尾形さくらです(^^♪
いつもお読みいただきありがとうございます!

 

本日のテーマは
「相手が望んでいない愛情?」です。

 

 

相手は変わらない、自分が変わる

 

研修や講座やトレーニングで
この言葉をお伝えするのは

 

相手を変えようとすると
本人も相手も辛い思いをする

 

からです。

 

 

距離の遠い、赤の他人だったら
どんな行動をしても
「自分には関係ない」で済む話なのに

 

相手に対して
「変わってほしい」

と願うのは

 

それだけ

愛情があるということ

 

ではないのかな、と思うのです。

 

よかれと思ってした行動であっても

相手も自分の辛くなる
のであれば

 

相手を変えようとせず
遠くから応援をする

 

というのも一つの選択なのかもしれません。

 

 

大好きな相手がいたとして

 

「あなたのためを思って選んだ!」

 

と、突然

高価な指輪を渡したとしても

 

相手が望んでいない
愛情を受け取らないのであれば

 

ただの自己満足です。

 

一旦、相手と距離を置いて

 

自分自身に愛情を注ぎ
他の人に
目を向けた方がいい場合もあるのですよね。

 

 

同じように

 

職場の中の

どうしても許せない相手に対して

「なんで変わってくれないの!」と

イライラ・むかむかするくらいなら

 

お客様と接するように

相手と距離を置いて

割り切って笑顔で会話をした方が良い。

 

そして

「私は出来ることはやった!偉い!」

と、自分を褒めて

 

自分がご機嫌になる音楽を聴いて
自分がご機嫌になるランチを食べて
自分がご機嫌になる相手と一緒にいて
自分がご機嫌になる行動をとればいい。

 

目の前にたくさんの
愛情があったとしても

 

愛情を受け取る、受け取らない
行動をする、行動をしない

 

決められるのは本人だけだと思うのです。

 

自分の価値観
相手の価値観

 

ここに境界線を引けるようになってから
私はずいぶん楽になりました。

 

相手と自分を大事にするためには
必要な考え方だと思っています。

 

本人に

「変わろう!変わりたい!」

という
意志がなかったら
変わらないものなのですよね。

 

こちらのメルマガを
読んでいらっしゃる方が
心軽く毎日を過ごすことができますように。

 

 

本日も良い一日をお過ごしになってくださいね♪

 

 

 

無料メルマガご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

 

あなたを応援しています!