協会理事の尾形さくらです(^^♪
いつもお読みいただきありがとうございます!

 

 

本日のテーマは
「許容する力が問われる時代」です。

 

男とはこうあるもの
女とはこうあるもの

 

から始まり

 

勉強を頑張って
良い大学に入って
一流の会社に就職して
馬車馬のように働いて
結婚をして
マイホームを建てて・・・

 

父とはこうあるもの
母とはこうあるもの

 

以前は当たり前だった
そんな画一的な考えが

もうすでに
「多様性」
移り変わっている

 

そんなことを
実感されている方も多いと思います。

 

 

人それぞれの価値観で
働き、生きていける時代。

 

 

他者を許容できずに
「否定・批判」してしまう方が
世間から叩かれ、
高いお立場の方であっても
失脚しています。

 

 

当協会がお伝えしている
他者承認、自己承認。

 

「あなたもOK、わたしもOK」

 

と、自分の許容範囲を広げることに
本気で取り組む時期なのですよね。

 

 

他者の長所を認め、短所も認める。

「あなたが足りないところは
わたしが埋めていく」

お互いの強みを強化していく
WIN-WINの関係をつくる。

 

 

多様性の時代に
正解はありません。

 

 

正解がないということは
自分にとっての正解を
選ぶことが出来る

ということです。

 

「昔はこうだったのに」
「私が若いころはよかった」
「普通は・・・」
「常識的に・・・」
「こうあるべき」
「~しなくてはいけない」

 

今の段階で
もしこのような言葉が出る方は
今後もストレスに振り回されやすくなります。

 

もうすでに
許容する力が問われる時代

 

感情に振り回される苦しさが膨らむ前に
「自分の軸」となる
自己承認力を鍛えられると良いですね。

 

 

本日も良い一日をお過ごしになってくださいね♪

 

 

 

 

無料メルマガご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

 

あなたを応援しています!