協会理事の尾形さくらです(^^♪
いつもお読みいただきありがとうございます!

 

本日のテーマは
「心と形を分ける」です。

 

対人関係を築いていくと

とてもネガティブな人と接したり
とてもポジティブな人と接したり

褒めてくれオーラを出されたり
マウンティングをとられたり

 

ぐったりと
疲れてしまう場面も
少なくないですよね。

 

 

今後、付き合わなくていい相手なら
会わなければいい話ですが
そうもいかない場合もありますよね。

 

 

そんなときに
おすすめなのは

 

心と形(見せ方、言動)を
分けて考えることです。

 

相手の考えを
自分の考えと照らし合わせたり

相手の経験を聴いて
自分の経験を思い出したり

相手が抱える問題を
解決しなくては!と思っていると

 

とても疲れます。

 

 

精神科医の水島広子先生の
言葉をお借りすると

 

これらの思考は
すべて「雑念」です。

 

 

相手の話を聴いているようで

「ネガティブだなぁ」
「それは違うよ」
「あ、マウンティングとられた」

こんな風に
実は自分の心の声を
ずっと聴いているだけなのですよね。

 

 

話を聴くときに
雑念は疲れる元。

 

 

雑念が浮かんだら、一旦横に置く。
雑念が浮かんだら、一旦横に置く。

 

 

これを繰り返していくことで
ずいぶんと人との付き合いが
楽になります。

 

 

どんなに気が合う人であっても
相手の考えや経験が
こちらと合致するはずがないですし

 

相手の問題を
解決できるわけでもありません。

 

 

価値観が異なる相手に
私たちが出来ることは

 

心穏やかにして
集中して話を聴くこと。

 

 

「面倒くさいなぁ」
「嫌なこと言うなー」
「褒めてほしいんだろうな」

 

どんな雑念が浮かんだとしても
一旦横において

 

「話してくれてありがとう」
「教えてくれてありがとうね」
「そんなことがあったんだね」

という
態度や言葉で「承認」を表現する

 

 

聴き上手な方が
マスターしているスキルのひとつです。

 

 

人間関係に悩んだときには
まずは「雑念を置くこと」から
始めてみるのもいいかもしれません。

 

 

本日も良い一日をお過ごしになってくださいね♪

 

無料メルマガご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

 

あなたを応援しています!