コラム

HOME » コラム » 本心を言わない『大人』と、本当は言いたい自分の中の『子供』

本心を言わない『大人』と、本当は言いたい自分の中の『子供』

『本心』を言えていますか?言っていることと、『本心』が違うことがありませんか?

私は、大人になれば、自動的に『大人』になれると思っていました。

32adaf7064fc5ea3744a40e342b5f44f_s

しかし、身体は大人になるけど、『思考・心』は、
自動的には育たないことがあります。
自分の中の『子供』なところを育てられるのは、『自分』と、周りの協力なのです。

 

大人になると、表面上

 

『こうしておいたほうがよい』と、知り、そのように振る舞う技術を身に付けます。

 

 

それが

「本当はイヤだ」
「本当はこうじゃない」
「本当のことを言っては今後の関係性が
マズくなるから言わない」などと、

『こうしておいたほうがよい』を
演じられるようになります。

(演じられず爆発してしまう人もいますが)

 

そんな大人になっても自分の中の『子供』なこころの部分を、

「本当はイヤやったよなぁ」「本当はこうじゃないと思ってたもんなぁ」
「本当のことを言っては今後の関係性がマズくなるから言わないでいたのはエラい!」

 

などと、労って共感してあげてください

 

 

自分の頑張りを一番労えるのは自分!

 

大人になっても自分の中の『子供』は居ていいんやで

 

自分の中の『子供』を
労って共感できる!
私&あなた

 

 

 

お問合せ

お問合せ

日程やご予約状況はこちらからお気軽にお問い合わせ下さい。
また当協会へのご意見や疑問点なども是非お寄せください。

  • 電話番号
  • 受付時間 9:00 - 18:00
  • WEBからのお問い合わせはこちらへ

最新情報

コラム

会員の方

塾生の方

チラシダウンロード

  • メールマガジン登録

Gotop