A.協会理事の尾形さくらです(^^

いつもお読みいただきありがとうございます!!


本日のテーマは

「夢があっても自分には出来ない・・・
と思ってしまうのはなぜ?」です


昨日は、自己効力感(自分ならデキる!と思える)を高める
代理経験についてお伝えし
「周囲にいる人、付き合う人」に注目する方法を
お伝えいたしました。

本日ご紹介するのは
今日から始められる、
自己効力感を高めるもう一つの方法


想像的経験


です。

 

スポーツの世界では
イメージトレーニングが
取り入れられ、

運動の正確性やパフォーマンスを
向上させる効果がある

と言われています。


あらゆる競技で
音楽を聴きながら、集中力を高め

目を閉じてイメージトレーニングをする選手の姿を
テレビなどでご覧に

なったことがある方も多いと思います。

 

イメージの中で
何度も身体を動かし
そのときに感じる空気感や
感情まで感じ切る、という方法です。


そのイメージトレーニングが
「想像的経験」
なのです。


ポイントはこちらです。

 

・ゴールが明確である
・五感をつかい、リアルにイメージする
・感情まで感じる
・邪魔が入らないように集中する
・何度も繰り返す

 

どんな夢や目標を持っていたとしても
ゴールが想像できず

自分には
「出来そうもない」と思っているものは

なかなか叶いにくいと言われています。

 

成育歴、環境、経験によってつくられた
「思い込み」「価値観」が
せっかく抱いた夢や目標を邪魔をすることが多いです。

 

子どものころには
「アニメのキャラクターになるんだ!」
「正義の味方になるんだ!」
「お姫様になるのー!」
と、自分で描いた夢を
大声で言っていた方も
多いと思うのです。

 

当時は全力で思い描けていたはずなのに

年齢を重ねていくと
やりたいことがあっても


「無理だわ」

「できるわけない」
「才能ないし」
「時間がないし」
「お金がないし」

と、あきらめる癖がついてしまうことがありますよね。


その
「自分に出来る気がしない」
という状態が

自己効力感が低い状態なのです。

 

ご興味をお持ちになった方は
ぜひ想像的経験で
自己効力感を高めるための
トレーニングをなさってみてはいかがでしょうか。

 

どんな風景が見えて
どんな音が聞こえて
どんなにおいがして
どんな体感があるのか

 

具体的であれば、あるほど効果的です。


いいな、と思われた方はお試しになってみてくださいね♪


無料メルマガ
ご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

あなたを応援しています!