協会理事の尾形さくらです(^^

いつもお読みいただきありがとうございます!!

 

本日のテーマは
「子どもの自己承認力を高めたいなら!」です。


身近な方から

笑顔で挨拶をされたり
居場所を作ってもらえたり


家族や好きな人に

抱きしめられたり


「ありがとう」

「すごいね」
「元気出るわ」
「あなたがいてくれてよかった」
「あなたのおかげだわ」
「本当に助かります」


と言われたりすると

とても嬉しいですよね。

 

充実感・満足感があって
自己肯定感が高まります。

 

この経験を重ねることが
自分を信じる力となり


「私なら絶対できる」

「俺なら今後も大丈夫」


と思える自己効力感にもつながります。

 

だからこそ

相手に伝わる他者承認が


自然に出来る方が

たくさん増えることを目指し
当協会でもお伝えしています。

 

NPOで養護施設の子どもたちへの
支援活動をしている方が


「私たちが行って、大丈夫だよ~って

子どもたちを抱きしめることは出来る。
でも、帰ったあとまでずっと続く
安心感を与えることまでは出来ない」


と仰っていました。

 

そして
「子どもたちにも、親にも必要だね」

自己承認力に
賛同してくださいました。

 

確かに、子どもにとって
親からの承認絶大です。
安心感が違います。

 

だからこそ
まずは大人が自分で自分のことを認め
信じて、褒めて
エンジンを自分でかけることが出来る
自己承認力が必要なのです。

 

自己承認力が高まれば
他者から承認を得られなくても
自分の軸を強く持っていられます。

 

自分の心に寄り添って

「つらいよね、そうだよね」
「いつも頑張っていて偉いよ」

と、自分に声をかける

 

自分の感情に注目をしながら
「じゃあどうする?」
と、思考をつかっていく

 

そして、結果が見えやすい
スキル・テクニックを訓練していく


継続していくほど

変化に気が付きます!

 

常識、一般論、普通
~すべき
~しなくてはいけない
~してはいけない


という言葉に惑わされずに

「自分の軸」で子どもに接する!

活かすのは、自分自身のチカラ!

 

いいな、と思われた方はお試しになってみてくださいね♪

 

 

 

 


無料メルマガ
ご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

あなたを応援しています!