協会理事の尾形さくらです(^^

いつもお読みいただきありがとうございます!!


本日のテーマは

「子どもの頃にかえってみよう!」です。

 

「ありのままの自分にOK」
を出せるチカラとして


当協会ではお伝えしている

自己肯定感


自己肯定感が低い状態だと


自己批判をしたり、自己否定をしたり

自己嫌悪に陥ったり
自分を責めたりしてしまいます。

 

わかりやすい例えとして
講座でもトレーニングでも
お伝えしているのが


自己肯定感が高いお手本

大人の常識で教育される前の
「無邪気な子ども」です。

 

ご自身の幼少期を
振り返ってみていただきたいのですが・・・

遠足前日にワクワクして
眠れないことはあっても

不安で眠れなかったり
コンプレックスを悩んで
眠れないことはなかったと思うのです。

 

雨が降っても、雪が降っても
「わー雨だ!雪だ!」
と思うだけで

「濡れたら嫌だ」
「面倒な天気だな」
「滑ったら大変だわ~」

と、ネガティブには思わなかったですよね。

もちろん個人差はありますが


ネガティブなことよりも

ポジティブなことに関心が向く


ことの方が多いのです。

 

常に心を開いていた
子どもの頃の当たり前

・あきらめない
・先を不安がらない
・過去を悩まない
・何でも挑戦する
・好奇心旺盛
・好き、嫌いを自由に表現する

でしたよね。

 

子ども頃に

世界の全てがキラキラして見えた

のは

「子どもの当たり前」

つくっているのでは?

と、私は考えています。

 

コンビニやスーパーや
駄菓子屋さんに行くだけでも
とても楽しかったですよね。

大人になると・・・

刺激に慣れてしまい
「~したい」よりも「役割」で動き
人の目を気にしすぎて
人の気持ちを考えすぎて
自分を良く見せたいと思いすぎて
「迷惑をかけないように」と思いすぎて

心を閉ざしやすくなります

 

つまらない
刺激がない
楽しくない

という日々を感じている方は


「子どもの当たり前」を

取り入れてみる

ことをおすすめします。

 

お子様がいらっしゃる方は
素晴らしい見本が近くにいる
ということですね!


いいな、と思われた方はお試しになってみてくださいね♪

 


無料メルマガ
ご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

あなたを応援しています!