協会理事の尾形さくらです(^^

いつもお読みいただきありがとうございます!!

本日のテーマは
「幸福度を高めるために
1日2分することとは?」
です。


感謝が多い人ほど幸福度が高い

という話を耳にしたことが
ある方も多いかと思います。


確かにそうかもなぁ、と思うのですが

何だか漠然としていて
しっくりこない、という方も
いらっしゃるかもしれません。


心理学を学びはじめたとき、私自身も

「言っていることはわかるんだけど・・・」
という状態でした。

 

今思えば
悩みがあるとき、自分が辛いときは
良くないことに目が向いてしまい

感謝をする「心の余裕」
なかったんだな、と思います。

 

意識的に自分の心を
「ないもの、失ったもの」

ではなく

「あるもの」
に向ける必要があります。


・食べ物

・寝るところ
・住むところ
・健康
・友達
・家族
・職場
・仕事
・お客様

などなど・・・
もっと細かく見ていくと
数えきれないほどあるのですよね。

 

本日はこんなワークを
ご紹介いたします。

 

カリフォルニア大学デイヴィス校教授
心理学者のロバート・A・エモンズによる
「感謝」の研究によると

「毎日1~2分、
楽しかったことや感謝したいことを
思い出して書き出す」


という宿題をした学生たちは

何もしなかった学生たちよりも


「人生を肯定的に
評価できるようになった」

という結果が出ています。

 

ほんの少しのきっかけで
幸福度が変わってくるのですよね。

 

■寝つきが悪いときには
「ぐっすり眠れることは有難い」
と思います。

■体調を崩したときには
「どこも不調がないことは有難い」
と思います。

■ひとり暮らしを始めると
「家に家族がいることは有難い」
と思います。


意識的に

「今、あるもの」に目を向ける


いいな、と思われた方はお試しになってみてくださいね♪


無料メルマガご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

あなたを応援しています!