協会理事の尾形さくらです(^^♪
いつもお読みいただきありがとうございます!

 

 
本日のテーマは
「幸福感を高める決断の仕方」です。

 

昨日は
「決断力を高めたいなら」という
テーマで決断に必要な集中力を
無駄に使わないために

 

身の回りを
シンプルな状態に保つことを
お伝えしました。

 

 

幸福感を感じやすい人は
小さなものでも
大きなものでも

「自己決定したという感覚」

を大事にしています。

 

食事のメニューにしても

「これを食べろと言われたから」
「これしかないから」
「時間がないから」
「カロリー制限があるから」
「お金がないから」

という理由で食べる食事は
満足感が少ない。

 

しかし
誰に何と言われたとしても

「自分で決めたのだ」

という意識があるだけで
幸福度が変わってくるのです。

 

誰に何を言われたとしても
結局は全て自分で選んでいるのですよね。

 

人の意見に
流されてしまいがちの方は

「自分で選ぶ、決める」

ということを
意識なさるといいかもしれません。

 

 

私がおすすめする
自分の頭をすっきりさせて
決断をする方法は

 

1.書き出すこと

 

頭の中にある情報を
書き出して外に出すだけで
ずいぶんすっきりします。

 

2.どちらの自分が好きか?で判断すること

 

自分の中の答えを知っているのは
他の誰でもない、自分自身。

 

 

例えば

 

■チャンスが目の前に来たときに
・何も考えず挑戦する自分が好きか。
・計画を細かく立てて動く自分が好きか。

■30分間手が空いたときに
・本を読む自分が好きか。
・ゲームをする自分が好きか。

■嫌いな人が現れたときに
・笑顔で対処する自分が好きか。
・徹底的に無視する自分が好きか。

■人の夢をきいたときに
・全力で応援する自分が好きか。
・自分なんて…と比べて落ち込む自分が好きか。

 

自分の全ての言動が
選択・決断の連続です。

 

つまらなそうに仕事をするのも
楽しそうに仕事をするのも

 

自分で決めることが出来ます。

 

 

ふと、こんなことを思い出しました。

 

 

デパ地下の物販の
お仕事をしていたときのこと。

 

お客様がいないフロアで
呼び込みの声をエンドレスで
出し続けるのは結構大変です。

 

周りのテナントさんも静かな状態の中
呼び込みをしても
反応がなく、むなしくなり
心が折れそうになります。

 

しかし私は

「呼び込みをせず、つまらなそうに
お店でぼーっとしている店員さん」

にはなりたくありませんでした。

 

「誰もいないときにこそ
声を出して頑張っている店員さん」

 

の方が

プロ意識が高くて
ずっとかっこいいよなぁと思っていたので

 

 

時々心折れつつも
呼び込み続けることが出来たのです。

(ゲーム感覚で楽しんでいました)

 

 

すると・・・

お客様が1人、2人と寄ってきます。
少しずつ売上が変わっていきます。

 

段々とスタッフの方が私の呼び込みを
真似してくださるようになり
隣のお店も呼び込みをするようになり
フロアが活気づいてきました。

 

常連様も増えて
1ヶ月後には売上が
大きく前年を上回っていました。

 

お天道様は見ているなぁと
思った瞬間です。

 

 

自分で決めたことが
自分を大きく支えてくれます。

 

今日一日どんなご自身を選び
どんな行動をしますか?

 

 

本日も良い一日をお過ごしになってくださいね♪

 

 

 

無料メルマガご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

 

あなたを応援しています!