協会理事の尾形さくらです(^^♪
いつもお読みいただきありがとうございます!

 

 

 
本日のテーマは
「マウンティングしてくる人にはどう接する?」です。

 

 

人それぞれ役割があります。
人それぞれ得意分野があります。

 

私自身の経験もありますし
色んな方々を見ていて

プライベートにおいても
お仕事においても

上下で人を見てしまうと
うまくいかなくなると思うのです。

 

 

マウンティングをとる人への
お悩みのお話もよく聞きます。

 

私はあなたの上だ、というように
アピールされると
確かに嫌な気持ちになりますよね。

 

「私の旦那は~」
「うちの子どもがね~」
「このブランドは~」
「俺の家は~」
「自分はこれだけ成功してきて~」

 

同じ職場にいたら最悪ですね・・・

 

優しい方ほど
お話を聴いてしまうのかな、と思うのです。

 

かといって無視をして
人間関係を崩すわけにもいかないですよね。

 

黙って聴いているのは本当に疲れます。

 

 

実はですね、
私はあまりマウンティングに
あったことがないのです。

 

そもそも私自身が
人と比べることをやめている
ということがあると思います。

 

素直

「わー!すごーい!」
「いいなぁ、羨ましい!」と思いますし

話が長かったら

「うわ、自慢凄いですね!」
「さっきから自慢ばっかりじゃないですか!」とか

冗談にして伝えるので
ダメージがないのかもしれないです(笑)

 

もし

「自慢やめてください
それ言ってどうするんですか?」

と、バッサリ発言してしまうと
場の空気が凍ってしまいますので・・・

(それも面白いかもしれないですが‥)

 

もうやめてほしいなぁ、という気持ちを
込めつつ関係を崩さずに

マウンティングを終わらせる
ポイントをご紹介します。

 

1.明るく、元気に、笑顔で、楽しそうに

2.「もういいです」「やめてください」
というネガティブワードは言わない

3.「ありがとうございます」で区切る

 

お話が長い方との会話を
区切るときにも3番目の
「ありがとうございます」は使えます。

 

 

例えば・・・

 

「お子さん、ホント素晴らしいですね!
優秀!自慢したくなる気持ちわかります!
ありがとうございます!

「それぞれ最優先するものありますもんね。
ブランド品にこだわるのも素敵ですね!
色々教えてくださりありがとうございます

「部下の方のフォローも大変ですよね。
どれだけ凄いか、わかりますよ。
もう!ありがとうございます!

 

何がありがとうございます、なのかは
よくわからない文章ですが(笑)
実際口頭でやってみると自然です。

 

 

ご存知の通り
マウンティングをする方は
承認欲求を満たしたい方です。

 

本当に満たされている方は
人と比べた自慢話などしないものです。

 

上下で人を見てしまうと
人間関係はうまくいかなくなります。

 

誰が上とか、自分が下とか
どうでも良いことではないかなと思うのです。

 

 

 

相手の承認欲求を満たし
マウンティングされない人になる!

 

 

本日も良い一日をお過ごしになってくださいね♪

 

 

 

 

無料メルマガご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

 

あなたを応援しています!