協会理事の尾形さくらです(^^♪
いつもお読みいただきありがとうございます!

 

 

本日のテーマは
「願いを言葉にする!」です。

 

ビジネスのメルマガ第647回でも
ご紹介したエピソードなのですが…

 

 

 

とあるカフェに行ったときのこと。

 

チョコレートパフェが食べたくて
メニューを見たら
そのお店には
「チョコバナナパフェ」と
「ベリーパフェ」しかなかったんですね。

 

うーーん、バナナかぁ・・・

 

パフェは諦めてケーキセットで
モンブランにしとこうかなぁ・・・

と悩んで悩んで

 

 

「チョコバナナパフェのバナナ抜き」

 

 

ダメもとで
店員さんにお願いしてみたんです。

 

もう・・・

「一応聞いてみようかしら・・・」

という程度の気持ちでした。

 

なにせメインの食材を抜いてくれと
言っているんですからね(笑)

 

そうしたら
なんと特別に
作っていただくことが出来て

 

メニューにない
「特別チョコレートパフェ」
どどーんと、目の前に現れたのです!

 

 

お店の方からするとはっきり言って
面倒くさい注文だと思います・・・。

 

しかし、嫌な顔をせずに
対応してくださったホールのお姉さんと
臨機応変に要望に応えてくださった
厨房の方がいらっしゃる
そのカフェのファンになりました。

 

 

 

「お店側の対応」について
ビジネスメルマガでは
触れたのですが

 

今回は別目線でこの出来事を
見てみましょう。

 

 

 

そのときに
私が欲しいものは
「チョコレートパフェ」でした。

 

しかし

 

メニューになかったので
他のものでいいかなぁと
一度諦めてしまいました。

 

もちろん、そのまま
「第2希望のモンブラン」を頼んでも
美味しく、楽しい時間を
過ごせたことと思います。

 

けれど、目の前に
特別なチョコレートパフェが
どーんと現れたときと同じくらいの
感動は味わえなかったと思いますし

 

お店の方々に
心から感謝する気持ち
ここまで芽生えていなかったと思うのです。

 

 

大げさかもしれませんが

自分が諦めかけた願い
言葉にして伝えたことで
実現と感動と感謝が生まれた

ということです。

 

 

「恥ずかしいからやめておこう」
「困らせるから言わないでおこう」

 

と、願いを言葉にしなかったら
叶わなかったんですよね。

 

 

 

こんなことが
私たちの日常では沢山起こっていて

 

願い事が生まれては
勝手に諦めて

願い事が生まれては
勝手に諦めて

 

ということを
自分でも気づかないほど自然に
繰り返しているのかもしれません。

 

 

「どうせダメだろう」
「出来ないだろう」
「無理だろう」

と思っていることであっても

 

自分の願いを言葉にしてみる
簡単に叶うことがあるのではないでしょうか。

 

 

簡単に
諦めようとしている
妥協しようとしている

自分に気が付いたら

 

ダメ元でも
願いを言葉する!

 

 

そんな学びを得た
エピソードをご紹介いたしました。

 

 

 

本日も良い一日をお過ごしになってくださいね♪

 

 

 

 

無料メルマガご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

 

あなたを応援しています!