協会理事の尾形さくらです(^^♪
いつもお読みいただきありがとうございます!

 

本日のテーマは
「思い通りにならなくてもいい」です。

 

前回のテーマでも
取り上げましたワード

「期待や執着」
「手放す」
「ゆるす」

に関して
ご質問をいただくことが増え
とても有難く思います。

 

自己承認力を高めていく上で
感情を整えることは必須。

 

手放す、ゆるすということが
キーワードとなる方も
多いのではないかな、と感じます。

 

しかしながら
書籍やセミナーでも
「具体的にどうするの?」
ということまで
踏み込んで
教えてくださる方は少ない。

 

今回は
私がとらえている
「執着を手放す」
「自分と他者をゆるす」
ということを

事例を挙げて
お伝えしてまいります。

 

(あくまで私なりに、ということを
ご理解いただけますと幸いです)

 

 

先日、私がはじめて
豆しば犬カフェに
お邪魔したときのこと。

 

畳の空間で豆しばちゃんたちが
走り回ったり
寝転がったりしていました。

 

 

警戒心が強いため
大声を出したり
抱き上げたり
追いかけまわすのはNG

座って待っていれば
近寄ってきたわんちゃんに
触れ合うことが出来ます。

 

とはいえ
わんちゃんの気分次第なので
ずーっと自分のところに
いてくれるとは限りません。

 

 

こちらがいくら
名前を呼んでも
おもちゃで遊ぼうとしても
ぷいっとされることもあります。

 

それでもいいのです。

 

こちらに来てくれると
とても嬉しいけれど
こちらに来なくてもいいよ

 

執着、期待を
手放すというのは
そんな感覚です。

 

 

一方で

お金払ったんだから
こっち来てよ!

せっかく来たのに
あまり触れなかった。意味がない!

あの人のところにばかり
行ってずるい!

 

 

そんな風に思う方もいるようです。
実際にネットの口コミには
そんな意見も結構ありました。

 

 

相手はわんちゃんですからね・・・

 

 

「手放す」「ゆるす」

 

他には

メールの返事がすぐに来たら
自分はとても嬉しいけれど
すぐに来なくてもいい

 

 

相手のために何かしたときに
ありがとうと言われたら
自分はとても嬉しいけれど
何も言われなくてもいい

 

プレゼントをあげたとき
笑顔で喜んでもらえたら
自分はとても嬉しいけれど
反応が薄くてもいい

 

 

こんな結果だったら
とても嬉しいけれど
そうでなくてもいい

 

思い通りにならないことは
日常に山ほどありますよね。

 

 

大事なことは
そんなときにどう考えるか。

 

知らずに抱いていた
自分の執着や期待を意識的に手放す

 

感情を整えるために
マスターしていきたいですね。

 

本日も良い一日をお過ごしになってくださいね♪

 

無料メルマガご登録一週間後に

「すぐに使える!褒め言葉リスト」をプレゼントしています♪

http://h-polish.com/merumaga1/

※メルマガ登録後にメールが届かない場合、
迷惑フォルダに入っているかもしれません。
お手数ですが、ご確認をお願いいたします!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

自分と周りの方のやる気を引き出す!

 

あなたを応援しています!